園芸・ペット・LED照明 今、復興フロントランナー--大山健太郎 アイリスオーヤマ社長《下》

後継者は長男と決めている。「今のところ、周りも認めてくれている。ただし能力がなければホールディングカンパニーのオーナーになればいい。ロマンとか思いが会社を成長させる。企業理念を実現させるサポーターであればいいんですよ、資本家は。経営者は優秀なのがいっぱいいますから、社員の中に」。

仙台同友会の代表幹事に焦点は物流と医療

今年5月、2年ぶりに開催された仙台国際ハーフマラソン。大山は17~18キロ地点で足が上がらなくなった。が、一歩一歩踏みしめるようにゴールイン。「走ってみなければ、見えない風景がある」。仙台経済同友会の代表幹事に就任した責任感、復興への思いが大山を完走させた。

代表幹事への就任は昨年6月。これまで何度も就任を懇請され、その都度、固辞してきたが、大震災で腹をくくった。ただし、条件を一つ付けた。東北のブロック紙、河北新報社の社長・一力雅彦が共同代表になってくれるのなら、という条件だ。

大山と一力は20年来、二人だけの勉強会兼食事会を続け、互いの考え方を熟知している。大震災の翌週、大山は一力に電話を入れた。

「わかりました。私でよければ」。大山が期待した言葉ではなかった。「そんなこと言わないでくれ。一緒にやる、と言ってくれ」。一力は胸を突かれた。「一緒に、やります」。

最強タッグだろう。大震災で組版用のサーバーが倒壊した河北新報は新潟日報の協力を得て、休まず新聞を刷り、避難所向けに「日曜夕刊」も出した。一力が言う。「避難所の午前3時、奥さんが立ち上がった。旦那さんが『どうした』。『新聞を配ってきます、私も報道機関の端くれです』。そういう話がいっぱいある」。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT