バルセロナ40戦ぶり黒星、レアルに逆転負け

サッカ・ースペイン1部リーグ

4月2日、サッカーのスペイン1部、首位バルセロナはホームでレアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」に1─2の逆転負け。写真左はバルセロナのリオネル・メッシ(2016年 ロイター)

[バルセロナ 2日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は2日、各地で試合を行い、首位バルセロナはホームでレアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」に1─2の逆転負け。40試合ぶりの黒星を喫した。

バルセロナは後半11分にCKからジェラール・ピケのヘディングゴールで先制したが、6分後にカリム・ベンゼマに同点ゴールを許した。その後レアルのセルヒオラモスが2回目の警告で退場処分に。レアルは数的不利に陥りながらも、同40分にクリスティアノ・ロナルドがガレス・ベイルのクロスから逆転ゴールを決めた。

レアルが敵地カンプノウでのリーグ戦で勝ったのは2012年以来。ジネジーヌ・ジダン監督は試合後の会見で、「ここでの勝利は選手全員にとって大きなご褒美」と選手の努力を称賛。「ここで勝つのは簡単ではないので、非常にうれしい」と述べた。

そのほかアトレチコ・マドリードはベティスを5─1で下した。セルタはデポルティボと1─1で引き分けた。

31試合を消化してバルセロナは勝ち点76のまま。アトレチコが同70の2位、レアルは同69の3位とし、それぞれ首位との差を縮めた。セルタは同49の暫定5位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT