バルセロナ40戦ぶり黒星、レアルに逆転負け

サッカ・ースペイン1部リーグ

4月2日、サッカーのスペイン1部、首位バルセロナはホームでレアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」に1─2の逆転負け。写真左はバルセロナのリオネル・メッシ(2016年 ロイター)

[バルセロナ 2日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は2日、各地で試合を行い、首位バルセロナはホームでレアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」に1─2の逆転負け。40試合ぶりの黒星を喫した。

バルセロナは後半11分にCKからジェラール・ピケのヘディングゴールで先制したが、6分後にカリム・ベンゼマに同点ゴールを許した。その後レアルのセルヒオラモスが2回目の警告で退場処分に。レアルは数的不利に陥りながらも、同40分にクリスティアノ・ロナルドがガレス・ベイルのクロスから逆転ゴールを決めた。

レアルが敵地カンプノウでのリーグ戦で勝ったのは2012年以来。ジネジーヌ・ジダン監督は試合後の会見で、「ここでの勝利は選手全員にとって大きなご褒美」と選手の努力を称賛。「ここで勝つのは簡単ではないので、非常にうれしい」と述べた。

そのほかアトレチコ・マドリードはベティスを5─1で下した。セルタはデポルティボと1─1で引き分けた。

31試合を消化してバルセロナは勝ち点76のまま。アトレチコが同70の2位、レアルは同69の3位とし、それぞれ首位との差を縮めた。セルタは同49の暫定5位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT