シャープ9月危機!! 経営介入へ牙を剝き始めた鴻海

「鴻海抜き」の再建計画も始動

鴻海に翻弄されるシャープの姿に、銀行の態度も変わってきた。

従来は、鴻海との協業が「巨額の追加融資を行う大前提」(主力行関係者)とされてきた。ところが提携に不透明感が強まり、「妥結を待っていられなくなった。追加融資の焦点は9月中旬に提出される“実抜計画(抜本的な再建計画)”に移っている」(金融筋)。

シャープの資金繰りは、ここ数カ月で急速に悪化し、有利子負債は1兆円超。8月末時点で、短期資金調達手段であるコマーシャルペーパー(CP)は約3000億円に上る。

S&Pは8月31日、短期会社格付けを「Aマイナス2」から「B」へ2段階引き下げ投機的水準とした。CPの新規発行は困難で、融資に頼らざるをえない。

8月には主力2行(みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行)が本社や工場など主な固定資産を担保に1500億円の追加融資枠を設定、月末までに大半が実行された。9月以降もCP償還に加え、運転資金、来年9月に償還を迎える2000億円の新株予約権付き社債の手当てが必要となる。「喫緊にも2000億円程度の追加融資枠の設定が必要だろう」(金融筋)。

9月10日にはデューデリジェンスの報告書が出る。これを基に、「シャープと銀行で、下期以降、V字回復できるような実抜計画を作成する」(主力行関係者)。すでに担保にとれる資産はない。シャープは、国内従業員2000人削減を含めた固定費1000億円圧縮計画を提示しているが、「固定費のさらなる削減は必須だ」。

鴻海が先か、銀行が先か──。当事者能力を失ったシャープに、さらなるメスが入ろうとしている。

シャープの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(前野裕香、山田雄大 撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済2012年9月15日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。