野村ホールディングス・出直しの勝算、海外リストラの荒療治

永井CEOの言葉が、これまでの経営からの脱却を示唆しているのであれば、まず着手するのは息巻いていたグローバル戦略の見直しにほかならない。すでに永井CEOは「グローバルフランチャイズの適正なサイズへの組み直しをする」と語っている。10億ドルのコスト削減の多くは海外部門縮小によるものになる。

中でも抜本的な見直しとなるのが足を引っ張っている欧州だ。中期ビジョンとして掲げた16年3月期の税引前利益2500億円をセグメント別に見ると、国内の営業部門1000億円、アセットマネジメント部門250億円、国内外のホールセール部門1250億円となっている(表)。

12年3月期決算の実績と比較すると、この3部門の目標額の中で、買収したリーマンの欧州部門を含むホールセール部門のハードルが最も高いことは一目瞭然だ。直近は376億円の損失である。


人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
RIZAPがプロ経営者招聘<br>目指すは「会社の肉体改造」

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループCOOに。自身の息子と同年齢の創業社長との異色タッグで成長にコミット。M&Aで事業規模を急拡大してきた同社は変わるのか?