野村ホールディングス・出直しの勝算、海外リストラの荒療治

永井CEOの言葉が、これまでの経営からの脱却を示唆しているのであれば、まず着手するのは息巻いていたグローバル戦略の見直しにほかならない。すでに永井CEOは「グローバルフランチャイズの適正なサイズへの組み直しをする」と語っている。10億ドルのコスト削減の多くは海外部門縮小によるものになる。

中でも抜本的な見直しとなるのが足を引っ張っている欧州だ。中期ビジョンとして掲げた16年3月期の税引前利益2500億円をセグメント別に見ると、国内の営業部門1000億円、アセットマネジメント部門250億円、国内外のホールセール部門1250億円となっている(表)。

12年3月期決算の実績と比較すると、この3部門の目標額の中で、買収したリーマンの欧州部門を含むホールセール部門のハードルが最も高いことは一目瞭然だ。直近は376億円の損失である。


人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。