スズキが軽で首位奪還を宣言、新型ワゴンRに賭ける思い

スズキが軽で首位奪還を宣言、新型ワゴンRに賭ける思い

かつて軽自動車市場で不動の首位にあったスズキ。ところが、近年はダイハツ工業の後塵を拝し、2位に甘んじる状況が続いている。2005年度にスズキ32.1%、ダイハツ30.4%だったシェアは、翌06年度にスズキ29.8%、ダイハツ30.3%と初めて逆転。以後は、ダイハツがスズキを引き離し、11年度にはスズキ30.5%に対してダイハツ35.7%と、5ポイント以上の差がついた。

背景には、スズキが採算を重視した販売戦略に切り替えたことがある。自社で登録して中古車市場にいわゆる「新古車」向けに販売することを極力自粛。無理な値引きも極力控えた。実はトヨタ自動車が直近12年3月期の単体決算で4000億円を超える営業赤字を計上する中、スズキの単体決算は500億円の営業黒字。連結ベースでみても国内事業は稼ぎ頭である。

「その潮目が変わるかもしれない」。自動車業界関係者からこんな話が飛び出している。

 「やはり1番でなくなるのは寂しい。気力、体力、知力を結集し、目の色変えなくては1位を奪還できない」。9月6日、スズキの鈴木修会長兼社長は、主力の軽自動車「ワゴンR」の新車発表会の席上、強い口調でこう語った。

今回の新型ワゴンRは、93年に初代を発売してから5代目に当たるモデル。これまでの累計販売台数は377万台に上る。累計販売の内訳は初代ワゴンRが90万台(93~98年)、2代目が106万台(98~03年)、3代目が109万台(03~08年)、4代目が72万台(08年~12年)とスズキにとっては「ドル箱」だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT