スマホ業界の最新勢力図、KDDIとソフトバンクがドコモ猛追

iPhoneを武器を持たぬドコモはどうなる?

 

 

KDDIはさらに、無料通話ができるスカイプやLINEなどと提携。通話収入を多少犠牲にしてでも契約者数を伸ばそうという算段だ。

ソフトバンクはつながりにくさが弱点とされてきたが、今年7月からプラチナバンド(900メガヘルツ帯の電波)サービスを開始した。ドコモは通信網の整備で一日の長があったが、最近は通信障害が頻発。つながりやすいドコモというイメージが傷ついている。

競争は大手キャリア同士だけで行われているわけではない。ドコモなど大手キャリアの通信網を借りて通信サービスを提供するMVNOが、低価格を武器に利用者を増やしている。大手3社の営業利益率は2ケタ以上となっており、携帯市場は依然として稼げる市場だが、MVNOの存在がその構造を変える可能性もある。本当の生き残り競争はまだ始まったばかりだ。
(週刊東洋経済2012年9月1日号)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。