スマホ業界の最新勢力図、KDDIとソフトバンクがドコモ猛追

iPhoneを武器を持たぬドコモはどうなる?

 

 

KDDIはさらに、無料通話ができるスカイプやLINEなどと提携。通話収入を多少犠牲にしてでも契約者数を伸ばそうという算段だ。

ソフトバンクはつながりにくさが弱点とされてきたが、今年7月からプラチナバンド(900メガヘルツ帯の電波)サービスを開始した。ドコモは通信網の整備で一日の長があったが、最近は通信障害が頻発。つながりやすいドコモというイメージが傷ついている。

競争は大手キャリア同士だけで行われているわけではない。ドコモなど大手キャリアの通信網を借りて通信サービスを提供するMVNOが、低価格を武器に利用者を増やしている。大手3社の営業利益率は2ケタ以上となっており、携帯市場は依然として稼げる市場だが、MVNOの存在がその構造を変える可能性もある。本当の生き残り競争はまだ始まったばかりだ。
(週刊東洋経済2012年9月1日号)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。