スマホ業界の最新勢力図、KDDIとソフトバンクがドコモ猛追

iPhoneを武器を持たぬドコモはどうなる?

 

 

国内携帯電話市場でシェア5割弱を占める王者のNTTドコモ。しかし、ユーザーの純増数ではシェア2位のKDDI(au)、3位のソフトバンクの後塵を拝し、徐々に追い上げられている。

ソフトバンクはアップルと組み、アイフォーンの国内販売で先行。スマホ市場の形成を担ってきた。KDDIも2011年秋にアイフォーンの販売を開始し、ドコモユーザーが乗り換える動きが見られた。

それでも、ドコモがアイフォーン販売に踏み切る可能性は今後も低い。アップルはキャリアに対して販売台数の厳しいノルマを課すといわれる。アプリに関しても、アップルが厳格にコントロールしており、ドコモに自由裁量の余地はほとんどない。ドコモにしてみれば、通信インフラを提供するだけの“土管屋”に成り下がることは避けたいところ。アイフォーンに頼らず、独自の付加サービスで勝負していく構えだ。


■スマホ業界の最新勢力図■[+画像クリックで拡大]

スマホ端末の世界市場では、サムスン電子とアップルが激しいつばぜり合いを繰り広げている。2011年の出荷台数は、1位のサムスン電子の9420万台に対し、2位アップルは9310万台とほぼ互角。3位ノキアの7730万台を大きく引き離している(IDCジャパン調べ)。 NTTドコモはサムスンのギャラクシーシリーズのほか、国内メーカーの製品も幅広く取りそろえる。一方のソフトバンクは、ほぼアイフォーン一本足打法。昨年秋からアイフォーンの販売を開始したKDDI(au)はその中間といったところか。 ドコモは00年代初頭から7000億~1兆円超の営業利益を安定的に上げてきた。しかし12年3月期はドコモの営業益8744億円に対し、ソフトバンクは6752億円、KDDIは4776億円とその差が詰まっている。アップルは11年9月期に約2.5兆円の営業利益を上げており、別次元の強さだ。

価格競争激化で生き残り勝負へ

KDDIは固定電話回線を巻き込んだ攻勢も仕掛けている。auひかり対象の固定回線とスマホの同時契約で割引する「auスマートバリュー」でお得感を打ち出し、乗り換えユーザーの獲得を狙う。ドコモの場合、NTT東日本やNTT西日本と独占的に手を組んでセット割を提供することは電気通信事業法に引っ掛かる。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT