自転車保険で「セブン」が最も評価された理由

進む「加入義務化」、選ばれる保険の共通点は

顧客満足度で損保大手を抜き去った要因は?(撮影:梅谷秀司)

4月は入社や入学、転勤や転校のシーズンだ。多くの社会人、学生が新しい職場や学校に通うようになり、自転車通学・通勤がスタートしたという人も少なくないだろう。

そんな自転車利用者の「保険」への関心が、近年にわかに高まっている。背景として、自治体の条例により自転車保険への加入を義務化する動きが出てきたことも見逃せない。

では、最も注目を集めている自転車保険はどこのものなのか。自分に合うものをどんなふうに選べばいいのか……。加入者を対象にした顧客満足度調査に基づき、探ってみた。

セブンにドコモ、新勢力が上位に

画像をクリックすると、「オリコン日本顧客満足度調査」の詳細を紹介するページにジャンプします

オリコンが昨年12月に発表した「自転車保険」の顧客満足度調査では、過去4年以内に自転車保険に加入したことがある18歳以上の男女4007人を対象に、「保険料」「加入手続き」「商品内容の充実度」「商品内容の分かりやすさ」「アフターフォロー」「会社の信頼性」の6項目に関する質問を行い、それぞれの満足度を100点満点で評価した。

その結果、今回は「セブン‐イレブンの自転車保険」が評価項目総合1位に輝き、2位に「ドコモ サイクル保険」、3位に「あいおいニッセイ同和損害保険」がランクインしている。

評価項目別のランキングを細かく見てみよう。保険料に関しては、トップから「あいおいニッセイ同和損害保険」「損害保険ジャパン日本興亜」「ドコモ サイクル」が続き、損保大手2社の強さが光った。

だが、加入手続きではトップから「セブン‐イレブン」「ドコモ サイクル」「au損害保険」、商品内容の分かりやすさでは「セブン‐イレブン」「au損保保険」「DeNAトラベル」がそれぞれランクイン。いずれも新規参入組、特にセブン‐イレブンの存在感が際立っている(詳細はオリコン日本顧客満足度ランキングに記載)。

次ページ「手軽さ」「身近さ」が勝敗を分けた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT