日本がシリアに大勝、W杯2次予選首位通過

前半17分にオウンゴールで先制

 3月29日、サッカーの日本代表は2018年W杯ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。写真左は2得点を決めた香川真司(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[29日 ロイター] - サッカーの日本代表は29日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。

日本は前半17分にオウンゴールで先制すると、後半21分には香川真司が本田圭佑のパスを胸トラップしてから左足ボレーで叩いて追加点。同41分には逆に香川のアシストから本田がヘッドでリードを広げると、終了間際にも香川と原口元気がゴールを決めた。

なお、この試合では、岡崎慎司が歴代5人目となる通算100試合出場を記録した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT