日本がシリアに大勝、W杯2次予選首位通過

前半17分にオウンゴールで先制

 3月29日、サッカーの日本代表は2018年W杯ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。写真左は2得点を決めた香川真司(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[29日 ロイター] - サッカーの日本代表は29日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。

日本は前半17分にオウンゴールで先制すると、後半21分には香川真司が本田圭佑のパスを胸トラップしてから左足ボレーで叩いて追加点。同41分には逆に香川のアシストから本田がヘッドでリードを広げると、終了間際にも香川と原口元気がゴールを決めた。

なお、この試合では、岡崎慎司が歴代5人目となる通算100試合出場を記録した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。