日本がシリアに大勝、W杯2次予選首位通過

前半17分にオウンゴールで先制

 3月29日、サッカーの日本代表は2018年W杯ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。写真左は2得点を決めた香川真司(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[29日 ロイター] - サッカーの日本代表は29日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。

日本は前半17分にオウンゴールで先制すると、後半21分には香川真司が本田圭佑のパスを胸トラップしてから左足ボレーで叩いて追加点。同41分には逆に香川のアシストから本田がヘッドでリードを広げると、終了間際にも香川と原口元気がゴールを決めた。

なお、この試合では、岡崎慎司が歴代5人目となる通算100試合出場を記録した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT