日本がシリアに大勝、W杯2次予選首位通過

前半17分にオウンゴールで先制

 3月29日、サッカーの日本代表は2018年W杯ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。写真左は2得点を決めた香川真司(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[29日 ロイター] - サッカーの日本代表は29日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦でシリア代表に5─0で大勝し、通算7勝1分けのE組首位で最終予選に進んだ。

日本は前半17分にオウンゴールで先制すると、後半21分には香川真司が本田圭佑のパスを胸トラップしてから左足ボレーで叩いて追加点。同41分には逆に香川のアシストから本田がヘッドでリードを広げると、終了間際にも香川と原口元気がゴールを決めた。

なお、この試合では、岡崎慎司が歴代5人目となる通算100試合出場を記録した。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。