音声認識で脚光のアドバンスト・メディア

鈴木清幸社長に聞く

11月1日からサービスを開始したKDDIの「おはなしアシスタント」。ここに搭載されたのが、アドバンスト・メディアの音声認識エンジン「AmiVoice」だ。すでに、コールセンター向けや医療機関向けに実績豊富なベンチャーであるアドバンスト・メディアは9月に業績予想の上方修正を発表、KDDI向けのサービス提供も発表されたことで、株価は急反発するなど再び脚光を浴びている。鈴木清幸社長に話を聞いた。

「いままでは、露出のためのサービスだった。今回は使用料をいただく形。収益のモデルが違う。そういうタイプのものが今後大きくなっていく。今期はその端境期になる」

音声声認識サービスは、コールセンター向けや医療機関向けにそれなりの実績を上げているものの、上場以来7期連続で営業赤字が続いた。

「従前は受託開発で収入を得る形、あるいはそこで得たヒントをプロダクトに仕立てて売る形でビジネスが成り立っていたが、それではかけた人の数に依存したくらいの売り上げしか上がらない構造だった」

次ページ連続赤字の理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。