サッカー場8個分!巨大メガソーラーの実力

英国1800世帯の分の発電が可能

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ロンドン郊外のクイーンエリザベスⅡ世貯水池に浮かぶ2万3000枚以上のパネルが、近隣の水処理施設への電力供給を開始した。総面積はサッカー場約8個分と、欧州最大のメガソーラー(大規模太陽光発電施設)だ。

建設主体の英ライトソース・リニューアブル・エナジーのニック・ボイル最高経営責任者(CEO)は、水に浮かべることには不利な面もあり解決を要するとしながらも、半面でメリットもあると説明。その1つとして、太陽光パネルの発電効率が「低温になると最適になる」ことを挙げた。

水上発電を水処理に活用

稼働初年の発電量は約580万キロワット時の見込み。家庭向けと仮定すれば1800世帯分だが、生み出された電気はここで行われる水処理業務に充てられる。

英国最大の水供給・処理企業テムズ・ウォーターは2020年までに、消費電力の3分の1を自社で賄うようにする方針。今回の水上発電所建設は、その計画の一部だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。