百年続く企業の条件 老舗は変化を恐れない 帝国データバンク史料館・産業調査部編

百年続く企業の条件 老舗は変化を恐れない 帝国データバンク史料館・産業調査部編

創業・設立から100年を経過した老舗企業は、日本に把握できているものだけで約2万社あり、年商3億円未満が63%を占め、老舗出現率上位の府県は京都、島根、新潟となっている。島根、新潟は北前船の寄港地として江戸時代から商業や地場産業が発達した。

業種では清酒製造、酒小売、呉服・服地小売が上位、旅館・ホテル、婦人・子ども服小売がそれに続く。保有株式や土地・建物など蓄積した資産を活用して本業外で収益を生み出している場合も少なくなく、世界最古、578年創業の金剛組は経営危機に陥って、3年前に新会社で再発足し、「超」老舗を維持した。

「震災・戦災を乗り越えた老舗に学ぶ」とのコンセプトでその強さの理由に迫る。

朝日新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。