消費者金融業界の苦境、アイフル私的整理で浮き彫り


 事業再生計画は、アイフル1300名程度、信販子会社ライフ700名程度の希望退職実施と、アイフルの有人店舗を96から30に削減するなど店舗圧縮がその骨子となる。アイフル、ライフの正社員数は8月末時点で合計4126名。希望退職はその約半分に達する大幅なリストラだ。

また、ライフではコスト負担が重い提携カード事業の見直しに着手。この夏には一部の大口先と提携を解消し、資金負担の軽減を図っている。

元本返済停止とリストラによる余力資金は、主に社債の消化資金に充当される。アイフルによると、目先の社債償還スケジュール(償還額)は10月20日(84億円)、同28日(87億円)、11月30日(75億円)、09年の2月10日(86億円)、同16日(450億円)。

今後、支援要請を受けた銀行はリストラや社債償還を優先する偏頗(へんぱ)返済の妥当性などを含め、再生計画の合理性を検討することになる。

■業績予想、会社概要はこちら

(浪川 攻 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT