瀬戸際の日本航空再建、外資登場でも混沌


 JALは15日、有識者会議で11年度までの再建計画案を説明した。赤字の国際・国内線は合計50路線廃止し、採算を3割改善させる。グループの1割強に当たる6800名の人員削減や子会社株式も売却を進め、縮小均衡での生き残りを模索する形だ。ただ、再建の柱でもある年金減額問題は、労組やOBらが反発しており厳しい状況は変わっていない。従前計画から踏み込んだリストラ策だが、金融機関からは「どこまで実行性や効果があるかは未知数」との声も出ている。当初9月下旬を予定していた3回目の会議も10月にずれ込む見通しだ。

西松社長は「これだけ大掛かりに路線整理するのは初めて。不退転の決意でやらないといけない」と語った。幾度も大赤字に転落しながらも、融資や巨額の増資でなんとか切り抜けてきたJAL。さまざまな思惑が錯綜する中、再建計画をまとめても予断を許さない状況が続く。

■日本航空の業績予想、会社概要はこちら


(冨岡 耕 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?