排出取引 環境と発展を守る経済システムとは 天野明弘著

排出取引 環境と発展を守る経済システムとは 天野明弘著

排出取引制度は、「市場経済体制」の下で発生する汚染活動を、効率よく減らすために考案された。基本スキームは次のとおり。規制主体(当局)は規制対象者・温室効果ガスの範囲と、排出源全体が排出できるガス総量を定め、その総量のアラウアンス(排出承認証)を被規制対象主体(対象者)に配分する。その承認証は、対象者間で自由に取引でき、対象者は自らの排出量を当局に報告するとともに、承認証の配分を受けた対象者は、その量に応じた承認証を期末に当局に提出する義務を負う。義務不履行には罰則が適用される。

先進的な排出取引制度のあり方、主要国の取り組みを経済学者の大御所が描き出す。用語集も役立つ。

中公新書/840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT