人口流動の地方再生学 松谷明彦編著

人口流動の地方再生学 松谷明彦編著

地方再生議論が盛んだ。曰(いわ)く、道州制構想、コンパクトシティー、定住自立圏構想、地方広域経済圏……。そこには、消滅する集落、破綻に瀕する財政など、人口減少高齢化の下で地方の衰退が急激な現実がある。

しかし、どの構想もなぜかしっくりいかない。それはまず中央、中心ありきで、そのうえで地方を考えるからではないか。地方と大都市が併存し、その間を人々が活発に行き来する社会こそ、本当の処方箋になると、本書は説く。

言葉を換えれば、多様に生きる人々が「居場所」を求めて活発に往来する「人口流動社会」でこそ、地方は再生できるというのだ。その流動化をどう促すか。都市と地方はそれぞれの道を歩む。その際、地方において大切なのは集落であり、農業によって定住条件を向上させ得るという。

シカゴやフランスではなく、国内での先進事例・萌芽を豊富に盛り込んであれば、説得力をより増すことができたのではないか。

日本経済新聞出版社/1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。