人口流動の地方再生学 松谷明彦編著

人口流動の地方再生学 松谷明彦編著

地方再生議論が盛んだ。曰(いわ)く、道州制構想、コンパクトシティー、定住自立圏構想、地方広域経済圏……。そこには、消滅する集落、破綻に瀕する財政など、人口減少高齢化の下で地方の衰退が急激な現実がある。

しかし、どの構想もなぜかしっくりいかない。それはまず中央、中心ありきで、そのうえで地方を考えるからではないか。地方と大都市が併存し、その間を人々が活発に行き来する社会こそ、本当の処方箋になると、本書は説く。

言葉を換えれば、多様に生きる人々が「居場所」を求めて活発に往来する「人口流動社会」でこそ、地方は再生できるというのだ。その流動化をどう促すか。都市と地方はそれぞれの道を歩む。その際、地方において大切なのは集落であり、農業によって定住条件を向上させ得るという。

シカゴやフランスではなく、国内での先進事例・萌芽を豊富に盛り込んであれば、説得力をより増すことができたのではないか。

日本経済新聞出版社/1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT