5兆円目指すユニクロ、次なる狙いは中国制覇


10月からは世界的デザイナーのジル・サンダー氏が監修する新ブランド「+J」を展開。機能性インナー「ヒートテック」など技術力を核とした商品に加え、格安でスタイリッシュな商品も投入することで、世界戦略商品をそろえる。海外でもユニクロが十分通用すると意欲満々だ。

「成長しなければ死んだのと同じ」。高い目標を掲げ、内外に緊張感を持たせる柳井社長も今年で60歳。

「創業者なので引退はできない。ただ日常の経営執行はいずれ若い人に任せたい」と言うように、壮大な10年構想の実現には後継者育成も不可欠。はたして「売上高5兆円」のユニクロ帝国は誕生するのか。

■業績予想、会社概要はこちら

 

 

(福井 純 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング