イオンがアウトレット参入か、レイクタウン隣地に常識破りの構想


 商圏が異なるこの2業態は近隣に出さないのがいわば業界の“常識”。だが、その常識を覆した例もある。2006年11月にオープンした兵庫のイオンモール神戸北だ。

神戸北の開業から半年後、道を挟んだ向かいに三菱地所系の神戸三田プレミアム・アウトレットがオープンした。既存客の奪い合いが懸念されたが、実際は新規客が増え「客数は2ケタ増になった」(イオンモール)。衣料専門店のテナントも「前年の売り上げを上回り続けている」と語る。イオンがこの体験を参考にしても不思議ではない。

またアウトレット立ち上げの背景には、強力なライバルの存在もある。9月17日、2駅先の新三郷駅に三井不動産が運営するららぽーと新三郷がオープンする。低価格ファッションが人気のH&M、スウェーデンの家具店イケア、米国の会員制倉庫店コストコと、外資流通のそうそうたる顔ぶれが出店を予定する。

レイクタウンには「客を奪われないかビクビクしている」(生活雑貨店)との声もある。アウトレットの魅力で集客力を高めることができれば、有力な対抗策となる。

ブランド誘致がカギ

おきて破りの構想ゆえにテナントの反応は賛否両論だ。「全体の客数が増えるなら歓迎」(アパレル店)との声が上がる一方、「オープン当初は聞いていない話。アウトレットにだけ客が来て、SCに来なくなるのでは」(靴専門店)と懸念する声もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT