イオンがアウトレット参入か、レイクタウン隣地に常識破りの構想

イオンがアウトレット参入か、レイクタウン隣地に常識破りの構想

埼玉県越谷にある国内最大級のショッピングセンター(SC)、イオンレイクタウン。その広大な隣接地にアウトレットモールを立ち上げる構想が浮上している。

「8月上旬にイオン社員が来て、隣の敷地にアウトレットの別棟を建てたいという説明を受けた」と、あるアパレルの店舗開発担当者は打ち明ける。「詳細は未定」(イオン)とするが、別のテナント関係者によると、イオンから20ページほどの資料を渡され、「来年秋のオープンが目標と聞かされた」という。

レイクタウンは昨年10月にオープンし、テナントは現在550店を超える。年間来場者数の計画は2500万人だったが、8月上旬ですでに来場者数4000万人を突破。集客力はSCでも突出する。

だが取り巻く環境は厳しい。日本ショッピングセンター協会によると、全国の既存SCの売上高は昨年9月以降11カ月連続の前年割れ。7月は前年同月比8・5%減と、この1年で最大の落ち込みとなった。テナント撤退が目立ち、家賃も下落傾向が続く。

来客数こそ好調のレイクタウンだが、消費不況の影響は避けられない。「平日の客足の減りがきつくなってきた」(雑貨店)と漏らすテナントも出ている。そこで先手を打つべく浮上したのが、集客力の高いアウトレット構想だった。

2駅先にライバル出現

アウトレットはブランド店の在庫品が格安で買えるとあって、不況下でも成長が続いている。またSCの商圏が広くて数十キロメートルとされるのに対し、アウトレット商圏は100キロメートル超。そのため都市近郊にも造られるSCに比べ、アウトレットは郊外の広い敷地に造られることが多い。これは正規のブランド品を販売する都市部の百貨店や路面店との市場重複を避けるためだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT