イオンがアウトレット参入か、レイクタウン隣地に常識破りの構想


 イオンの岡田元也社長は「SC内でテナント同士が競争し、お互いを高めていくことが大事」というのが持論。その意味でも、アウトレット立ち上げは、集客力の向上、賃料維持や新テナント誘致に向けた良策になりうる。

最近、栃木や茨城など関東圏にアウトレットが続々誕生している。熾烈な競争下、「有力ブランドの誘致が勝敗を分ける」(不動産関係者)との指摘もある。だがイオンにとって初のアウトレット運営であり、ブランド誘致力は未知数。実績のある運営会社に協力を仰ぐことも、選択肢の一つだろう。

過剰出店もささやかれるSC業界で、いかに活路を見いだすか。常識破りの構想が現実のものとなれば、その成否に注目が集まりそうだ。

■業績・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

(鈴木良英 =週刊東洋経済)

[写真]08年10月のオープン当時のイオンレイクタウン

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT