ソウルの小型書店でユニークな試みが続々

文化を創造する空間としてアピール

ソウル市西部・弘益(ホンイク)大学近くにある「サンクスブック」

ソウルにある街中の中小書店が変貌しつつある。単なる書店から、街の複合文化空間へと進化しているのだ。

本だけを販売するのではなく、さまざまなアートの展示会や作家と読者との出会いの場になったり、時には読書会を企画して来客を待つ。そんな、コミュニケーションの空間へと変わっている。街中の書店で、オーナーと読者が推薦する書籍や、ユニークな独立系の出版社が刊行した本と会えることも。「思索の空間」となるような、そんな書店が増え始めた。

クリエイティブに編集された書籍を並べる

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です

ソウル市西部・弘益(ホンイク)大学近くにある「サンクスブック」は、2011年にオープンした街中の書店であり、カフェ。多くの文化人や芸術家もよく足を運ぶ書店でもある。サンクスブックのオーナーでありデザイナーであるイ・ギソプ氏は、ベストセラーとなった書籍よりも編集がクリエイティブにされている書籍を棚に並べている。各書籍ごとに個性が込められて、ジャンル別にきちんと陳列されている。

韓国中部・忠清(チュンチョン)北道槐山(クィサン)で家庭的な書店「森の中の小さな書店」を運営するペク・チャンファ、キム・ビョンロク夫婦は、サンクスブックについて「テキストに慣れていない若者がアプローチしやすいように、文章と絵画を適切にアレンジしたような創造性あふれる本がある。そんな本がほどよく孤独で、かつアンニュイで、その場の空気に合うような印象を与えている」と表する。

次ページ読書会や同窓会を組織し、彼らがセレクト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。