ソウルの小型書店でユニークな試みが続々

文化を創造する空間としてアピール

ソウル市西部・弘益(ホンイク)大学近くにある「サンクスブック」

ソウルにある街中の中小書店が変貌しつつある。単なる書店から、街の複合文化空間へと進化しているのだ。

本だけを販売するのではなく、さまざまなアートの展示会や作家と読者との出会いの場になったり、時には読書会を企画して来客を待つ。そんな、コミュニケーションの空間へと変わっている。街中の書店で、オーナーと読者が推薦する書籍や、ユニークな独立系の出版社が刊行した本と会えることも。「思索の空間」となるような、そんな書店が増え始めた。

クリエイティブに編集された書籍を並べる

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です

ソウル市西部・弘益(ホンイク)大学近くにある「サンクスブック」は、2011年にオープンした街中の書店であり、カフェ。多くの文化人や芸術家もよく足を運ぶ書店でもある。サンクスブックのオーナーでありデザイナーであるイ・ギソプ氏は、ベストセラーとなった書籍よりも編集がクリエイティブにされている書籍を棚に並べている。各書籍ごとに個性が込められて、ジャンル別にきちんと陳列されている。

韓国中部・忠清(チュンチョン)北道槐山(クィサン)で家庭的な書店「森の中の小さな書店」を運営するペク・チャンファ、キム・ビョンロク夫婦は、サンクスブックについて「テキストに慣れていない若者がアプローチしやすいように、文章と絵画を適切にアレンジしたような創造性あふれる本がある。そんな本がほどよく孤独で、かつアンニュイで、その場の空気に合うような印象を与えている」と表する。

次ページ読書会や同窓会を組織し、彼らがセレクト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT