実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

アンジェロ・モジロは、イタリア移民の肉屋の息子に生まれ、雑用係から住宅ローン一筋45年、3人で始めた会社を「マーケットに参入したらそれを独占せよ」を身上に、全米一に育て上げた。が、2008年初め、1年前の時価総額250億ドルがウソのような悪夢に襲われる。手塩にかけた「子ども」を二束三文でバンカメに身売り。自身も議会公聴会に身をさらす。

本書は、全米一のサブプライムローン業者カントリーワイドの創業者でありCEOであるアンジェロ・モジロを軸として、サブプライム危機がどのように発生し、「ゴミ」をばらまき、それが世界経済を震撼させるに至った事実経過を、多彩な人物を配して記録する。

臨場感溢れる描写が重ねられる。住宅ローン業界や投資銀行界のトップ、規制当局、公聴会などに加え、証券化商品開発者にも緻密な取材を敢行しているからだ。デリバティブに詳しい訳者の手によって、その入門書ともなっている。

日本評論社 2940円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。