実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

アンジェロ・モジロは、イタリア移民の肉屋の息子に生まれ、雑用係から住宅ローン一筋45年、3人で始めた会社を「マーケットに参入したらそれを独占せよ」を身上に、全米一に育て上げた。が、2008年初め、1年前の時価総額250億ドルがウソのような悪夢に襲われる。手塩にかけた「子ども」を二束三文でバンカメに身売り。自身も議会公聴会に身をさらす。

本書は、全米一のサブプライムローン業者カントリーワイドの創業者でありCEOであるアンジェロ・モジロを軸として、サブプライム危機がどのように発生し、「ゴミ」をばらまき、それが世界経済を震撼させるに至った事実経過を、多彩な人物を配して記録する。

臨場感溢れる描写が重ねられる。住宅ローン業界や投資銀行界のトップ、規制当局、公聴会などに加え、証券化商品開発者にも緻密な取材を敢行しているからだ。デリバティブに詳しい訳者の手によって、その入門書ともなっている。

日本評論社 2940円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT