上場5子会社を吸収、日立の意外な実行力

上場5子会社を吸収、日立の意外な実行力

7873億円という巨額の最終赤字を前期に計上した日立製作所。7月28日、上場子会社5社を完全子会社化すると発表した。8月20日に株式公開買い付け(TOB)を開始し、最大2790億円を投じて株式を取得する。

対象となるのは、情報系の日立情報システムズなど3社、プラント構築の日立プラントテクノロジー、記録メディアやリチウムイオン電池の日立マクセル。成長分野の電力、交通、情報通信など社会インフラを強化して、「脱総合電機」を進める狙いがある。

子会社から返り咲き、4月にトップに就任した川村隆会長兼社長。69歳のベテラン復帰と注目されたが、周囲の反応は冷ややかだった。それゆえに就任4カ月で積年の課題を実行に移したスピードは“肯定的な驚き”として受け止められている。

出戻り組が子会社説得

日立は事業を積極的に分社化し、自主独立を尊重することでグループを拡大してきた。今年3月末時点で連結子会社は943社に上り、うち上場子会社は16社ある。

だが親子上場には、海外投資家を中心に批判は根強い。さらに近年は日立本体の収益力が低下し、子会社への利益依存度が高まっている。子会社の少数株主持ち分が控除されることで、本体株主に帰属する純益が押し下げられることも問題だった。

「今までグループ会社は自主独立で、本体は口を出さなかった。当然、なぜだというのは出てくる」。川村社長は子会社側の反発を認めたうえで「グループ全体の最適化を説明した」と言う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT