信託銀行「過去最大の日本株買い越し」の意味

産油国マネーの換金売りはいつ和らぐか

2月26日、4産油国の石油相は条件付きだが増産凍結で合意。下げ相場は一巡するか(写真:ロイター/アフロ)

 前回(2月17日)、昨夏の高値のしこりがほぐれているなか、日経平均株価の1万5400円以下は売られ過ぎと述べた。急速に進行していた円高が一服するなか、足元では1万6000円前後で下値を固めつつある。原油市場ではいったんの底入れを示唆する動きもうかがえる。また、年金基金の売買を反映する信託銀行が大きく買い越している。

現在、日本株に2つのパターンがみられる。まず、2015年3月以降「原油が先行して下げ止まり、1~2カ月後に日本株が戻りを強める」という動き。次に、2015年12月以降の日本株は「月前半に海外勢の売り、月半ばに安値、月後半に戻り」という傾向だ。そこでテクニカル面からみたポイントをまとめてみた。

原油価格はいったん底入れを示唆

日本株を売っている――。

世界全体の政府系ファンド(SWF)の資産規模は約7兆ドル(約790兆円)、うち産油国のSWFは3兆ドル超(約340兆円)といわれている。長引く原油安のあおりを受け、オイルマネーは日本株を含む金融資産の売却を進め、財政悪化を穴埋めしている。

2月中旬にサウジアラビア、カタール、ベネズエラ、ロシアの石油相が非公式会合で増産凍結を合意した。一方、米エネルギー情報局(EIA)は原油在庫の増加を公表したものの、WTI原油先物は1バレル=26ドル台から33ドル台まで下値を切り上げつつある。

テクニカル面からみると、2016年1~2月のWTI原油先物は26ドル台を安値として2回下げ渋っている。ネックライン(需給の分水嶺)といわれる1月戻り高値33.62ドルを終値で上回ると、ダブルボトムが完成する。2月29日のWTI原油先物は33.75ドル。わずかながらも同ラインを上回り、いったんの底入れを示唆している。仮に、原油価格は売り方の買戻し等から下げ相場が一巡感すれば、産油国マネーによる金融資産の換金売りも和らぐだろう。

次ページ13週連続の買い越し
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT