「パスワード管理ソフト」はどれだけ有効か

3つの人気サービスを試してわかったこと

パスワードが多すぎて忘れてしまうことはありませんか?(写真:Rawpixel/PIXTA

自分の誕生日や、誰でも簡単に思いつく言葉はパスワードにしないでください――。ネットで何かに登録するとき、この手の警告は必ず表示される。それなのに、未だに超簡単なパスワードを設定する人が大勢いるらしい。

1月に発表されたスプラッシュデータ社の調査結果によると、2015年に最もよく使われたパスワードには、「123456」や「starwars」など、独創性がゼロに近いものが散見された。

 「容易にハッキング可能」という結果に

もちろん私も大した独創性の持ち主ではない。最近、自分が使っているパスワード70個を、パスワード管理アプリ「ダッシュレーン(Dashlane)」で調べてみると、46個は同じもので、25個は「特に脆弱」か「容易にハッキング可能」と判定された。

そこで一念発起した私は、パスワード作りのコツを調べるとともに、いくつかのパスワード管理ソフトを試してみた。それでわかったことは、最も安全なパスワードは、ユニークかつ複雑でなければならないこと。そして、ユニークで複雑なパスワードを(私の場合)70個も記憶しておくのはほぼ不可能だから、パスワード管理ソフトの手を借りる必要があること、だ。

ウェブセキュリティー会社ホワイトハット・セキュリティーの創業者ジェレミア・グロスマンによると、彼が記憶しているのは、自分のコンピューターのロックを解除するパスワードと、パスワードリストを保存してあるUSBメモリのパスワードだけ。いずれもランダムな文字列だから、記憶に残りにくい。

次ページ3つのソフトを試してみた!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。