小田急百貨店が9月に新宿「ハルク」を改装、スポーツ売り場拡大で差別化図る

小田急百貨店が9月に新宿「ハルク」を改装、スポーツ売り場拡大で差別化図る

小田急電鉄系の小田急百貨店(本社・新宿、非上場)は、9月5日に東京・新宿店の本館に隣接するハルクのスポーツ売り場を、従来の2フロアから3フロアに拡大する。

同社は、ハルクに2002年にビックカメラを誘致。04年にはフィットネス売り場をオープンさせるなど、専門化を進めることで売り場の強化を図ってきたが、その流れを一段と進める。今回の改装費用は約6億円。

ハルクは地上8階、地下3階の構造。従来は1、2階がスポーツ館だったが、地下1階の食品売り場を7月下旬から順次改装、スポーツ売り場とする。働く女性を中心に、ゴルフやランニング、ヨガなどのスポーツを日常に取り入れるライフスタイルが定着しており、そうしたニーズへの対応を強化する。

今回新設する地下1階では、海外マラソン参加ツアーなど、国内外のスポーツを切り口にした旅行品の販売スペースも設ける。

改装後、ハルクのスポーツ売り場面積は従来の1.5倍の4500平方メートルとなる見通し。現在、ハルクのスポーツの売り上げは約55億円で、新宿エリアの百貨店売り場ではトップを誇るという。リニューアルを期に、2012年度には75億円の売り上げを見込む。

同社の業績は前08年度売上高1763億円に対し、営業損失13億円だった。堅調が続くスポーツ売り場を拡充することで、黒字回復を目指す。

(福井 純 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。