ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

1939年の5月から9月にかけて、満洲国とモンゴル人民共和国が接する国境線をめぐって、両軍による軍事衝突が発生。双方、それぞれ約2万人(異説あり)の犠牲者を出して終結したこの戦闘を、日本では「ノモンハン事件」と呼ぶが、モンゴルでは「ハルハ河の戦争」と呼ぶ。

これまで軍事的な研究がほとんどだったが、本書はモンゴルの言語によって残された史料に基づく近代史の一部として論じる。日本とソ連の間で苦悩しながらも、モンゴルがいかにして独立を勝ち得たのかを、ノモンハン衝突前後史をも含めてひもとく。

あれから70年。専攻が言語学・モンゴル学である著者が、最新の研究成果を基に「ノモンハン」をとらえ直す。

岩波書店 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。