ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

1939年の5月から9月にかけて、満洲国とモンゴル人民共和国が接する国境線をめぐって、両軍による軍事衝突が発生。双方、それぞれ約2万人(異説あり)の犠牲者を出して終結したこの戦闘を、日本では「ノモンハン事件」と呼ぶが、モンゴルでは「ハルハ河の戦争」と呼ぶ。

これまで軍事的な研究がほとんどだったが、本書はモンゴルの言語によって残された史料に基づく近代史の一部として論じる。日本とソ連の間で苦悩しながらも、モンゴルがいかにして独立を勝ち得たのかを、ノモンハン衝突前後史をも含めてひもとく。

あれから70年。専攻が言語学・モンゴル学である著者が、最新の研究成果を基に「ノモンハン」をとらえ直す。

岩波書店 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT