ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

1939年の5月から9月にかけて、満洲国とモンゴル人民共和国が接する国境線をめぐって、両軍による軍事衝突が発生。双方、それぞれ約2万人(異説あり)の犠牲者を出して終結したこの戦闘を、日本では「ノモンハン事件」と呼ぶが、モンゴルでは「ハルハ河の戦争」と呼ぶ。

これまで軍事的な研究がほとんどだったが、本書はモンゴルの言語によって残された史料に基づく近代史の一部として論じる。日本とソ連の間で苦悩しながらも、モンゴルがいかにして独立を勝ち得たのかを、ノモンハン衝突前後史をも含めてひもとく。

あれから70年。専攻が言語学・モンゴル学である著者が、最新の研究成果を基に「ノモンハン」をとらえ直す。

岩波書店 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。