ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国 田中克彦著

1939年の5月から9月にかけて、満洲国とモンゴル人民共和国が接する国境線をめぐって、両軍による軍事衝突が発生。双方、それぞれ約2万人(異説あり)の犠牲者を出して終結したこの戦闘を、日本では「ノモンハン事件」と呼ぶが、モンゴルでは「ハルハ河の戦争」と呼ぶ。

これまで軍事的な研究がほとんどだったが、本書はモンゴルの言語によって残された史料に基づく近代史の一部として論じる。日本とソ連の間で苦悩しながらも、モンゴルがいかにして独立を勝ち得たのかを、ノモンハン衝突前後史をも含めてひもとく。

あれから70年。専攻が言語学・モンゴル学である著者が、最新の研究成果を基に「ノモンハン」をとらえ直す。

岩波書店 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。