揺れる日本興亜損保、大株主、OBが批判

揺れる日本興亜損保、大株主、OBが批判

6月25日、日本興亜損害保険の株主総会は、兵頭誠社長と前社長である松澤建氏の“対決”で、前代未聞の大荒れとなった。

損保ジャパンとの経営統合について考えを聞かれた兵頭社長は、

「対等の精神でやっていく。今がチャンス。株主様(松澤氏)は過去から、いろいろご経験をされています。そのご経験を基に、現在を見ていらっしゃいます。私は現在を基に未来を見なくちゃいけないんです。その違いなんです」と述べた。

松澤氏がこれに憤激し「ずいぶん独断的ですね。私が将来のことを見ていないようなことを断定しないでほしい。何を言ってんだよ。議長!とんでもない失言ですよ。人をバカにするのもいいかげんにしなさい」

「そりゃぁ、失礼しました。バカになんかしていません」(兵頭社長)。

さらに、松澤氏が「将来、合併はしないと話しているが」と問うと、

「経営統合の内容は7月中に発表します。今は自主独立、対等でやっていこうと決めています。株主様も結婚されて奥様とずっと暮らしているうちに、変わることだってあるじゃないですか。将来は変わることだってありますよ。ただ、今は(対等の形で)、やっていこうよ、と」

「あなたね、私の個人的なことにまで触れることが回答なんですか!」といった具合である。

新旧社長の激しいバトルが繰り広げられたが、兵頭社長再任を含め、すべての議案が可決された。ただ、出席した株主から「情けないというか、あきれるね。これが大会社の株主総会なのか……。しかも、現社長とその社長を指名した前社長が対決とは。違う場所でやってほしい」と言われるのも当然だった。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?