「商売の本質を知らない人」の浅すぎる思慮

「インバウンド狙い」という時点でアウト!

石川:そうすると車のコモディティ化が進んでいくというシナリオになると思うんです。

2種類の未来がイメージできて「借りるんだったらなんでもよくね?」と考えて、その中で商品開発をするシナリオもあれば、「ずっと同じ車に乗る必要ないんだから、いろんな好きな車に乗れるよね」と考えると、「すっごい派手なオープンカーに乗ってみようか」とか、逆に個性化が進むシナリオにもなる。そういうふうに考えていくと、シナリオ次第で商品のアイデアはいろいろ出せると思う。

発想法を磨くのはなかなか難しい気がするんですけど、想像力をつけることは努力すればやりやすい気がしているんですね。

たとえば、世の中が自動運転になって「今ハンドルを握っていない」というのをイメージしたときに、どんなものがそこに求められるかっていうのは、まだ考えやすい気がするんですね。

言葉が機能の押しつけになっている?

常見:私は「自動運転」って言葉すら手放すと良いと思うのです。

石川:はー。

常見:「自動運転」って言葉になった瞬間、実は機能の押し付けとか売りつけでしかないなと思っていて。「絶対事故りたくない!」とか、「将来、寝ててもお酒飲んでいても自分のクルマで移動できて、事故を起こさず家に帰れる時代にしたい」とか。

ほかに気になったのが、未来予測です。最近気づいたのが、官庁やリクルートワークス研究所などのレポートを見ると「楽観シナリオ」と「悲観シナリオ」の両方の数字が出てるんですよね。バラ色の未来もあり得るし、マイナスの未来もあり得るなと。

そうそう、昨年は「5年後」という言葉がよく使われたんですよ。2020年が東京オリンピックだからなんです。ただね、今年に入ってから、2020年という言葉は出てるけど、5年後って言葉は出てないんですよ。

石川:中途半端に4年後になってしまいますね。

常見:そう。あと、東京オリンピックのあとの世の中が怖いと思っています。実際いろいろな予測データが出ていますけど、比較的外さないのは人口なんですよね。人口に関するデータを見ていると、危険なのは見えていて、労働力人口は少なくなっていくし、このまま少子化が進むと大変なことになるとか、働き盛りの人に介護が始まるとかね。もちろん、破壊的なイノベーションですべてが解決されるかもしれませんが。

石川:想像はある程度、理屈でできるんですよね。「昔のようなお父さん、お母さん、子供ふたりという家族構成じゃなくなっているよな」ということは、数字を見れば想像できますよね。

僕はなにか新しい発想をしようとしたとき、「そのときの家の中はどうなっているのかな」など、将来どうなっていくかというシナリオを考える力がすごく大事だと思うんです。

たとえばドラマを観ていたり、映画を観ていたりするときに、「このあとこの二人はどうなるかな?」って考えるだけでもシナリオ力のトレーニングですよね。「次回どうなるの?別れちゃうのかな」とか。それを考えていくこと自体、発想法の中で言うと、トレーニングだなと思いますね。

 

というわけで、今回は主に「不の解消」編をお届けしました。次回は「快の追求」編。お楽しみに!
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。