セブンを悩ませる加盟店との不協和音


 だが、コンビニ業界で既存店の増収が順調に続いたのも過去の話。売り上げが頭打ちの状況下、加盟店の間で廃棄損失の負担に対する不満が広まっているとの見方は強い。

排除命令の翌日に急きょ、セブンは7月から廃棄損失の15%を負担すると発表した。井阪社長は「加盟店が廃棄損失を怖がり、十分な発注ができなくなることを心配した」と説明するが、加盟店からは「15%では少ない」「廃棄を出さない工夫が先では」との声も聞かれる。

公取の命令から改めて浮き彫りになった加盟店の廃棄損失負担に対する不満。セブンが廃棄分を一部負担するという“緊急対応”だけでは、一件落着といきそうもない。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(田邉佳介 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング