まるで掴みガネ、悪質すぎる「口利き」の真相

甘利事務所の秘書が補償額の増額に積極関与

1月28日、現金の受け取りを認めて閣僚辞任を明らかにする甘利明衆議院議員。それから半月ほどを経て新しい局面を迎えた(写真:アフロ)

都市再生機構(UR)の道路工事に対する補償金交渉で千葉県の建設会社から甘利明衆議院議員とその秘書が口利きを依頼され、現金を受け取ったとされる「口利き疑惑」。責任を取り1月28日に経済再生担当相を辞任した甘利氏だが、その後、半月ほどを経ても疑惑そのものは解明されていなかった。

ところが、事態が大きく動いた。民主党の玉木雄一郎衆院議員が2月15日の衆院予算委員会で、甘利氏の秘書が金額を含めて積極的に口利きにかかわった「証拠」を公表したのだ。甘利氏は、この証拠を前に絶体絶命の淵に立たされたといえる。

音声記録に残されていること

その証拠とは2015年11月2日に大和市内の喫茶店で交わされたとされる音声記録。内容は以下の通りだ。

「だいたい、そしたらカッコ書きでもいいです。でも一応推定20億かかりますとか、かかると聞いておりますとか。そういうなんか、言葉にしてほしいんですね。あっちの言い分も明確なあれがないって話だったんで、明確にしなきゃですよね。もしかしたら実際の金額について細かいとこまで絡めないですよ。こういうところは。今だったらギリギリ絡めるんで」

この音声記録を持ち込んだのは、今年1月に週刊文春で甘利氏の秘書の口利き疑惑を暴露した千葉県の建設会社総務担当の一色武氏。声の主は甘利氏の元公設第一秘書で、大和事務所長だった清島健一氏だという。一色氏はかねてから、甘利事務所側との交渉の全てについて証拠を保存していたという。

果たしてこの声は清島元秘書のものなのか。

次ページ「清島さんのような感じがします」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT