シャープ買収の神経戦、鴻海か革新機構か

カネか経営形態か、再建巡る攻防は大詰め

「家電はシャープと東芝を統合。互いに補完し、世界でも戦える」

                 産業革新機構会長兼CEO●志賀俊之

革新機構の志賀会長兼CEO(撮影:尾形文繁)

シャープの進め方は極めてフェアだ。産業革新機構の案と鴻海精密工業の案とは、コンセプトがまったく違っている。われわれが入れる資金は、成長投資にしか使わない。液晶事業を分社化した後のシャープは、家電中心に盛り上げていく案になっている。

まずシャープの家電事業は、「目の付けどころが、シャープでしょ。」(のスローガン)に原点回帰してもらって、東芝の家電事業と統合して増強する。シャープはアイデアが豊富にあり、一方の東芝はモーターなどが強い。両社はお互いに補完し合える関係で、グローバルに戦えるようにすることが目的だ。

われわれはシャープに対し、事業部門ごとにパートナーを見つけて、再編していく考えである。(シャープ一体での)再生がわれわれの役割ではない。いろいろな会社がシャープに絡んでいるから、いろいろな意見があるのは当然だろう。

交渉は旧正月明け(2月中旬)から本格化すると思うが、われわれとしてはすでに案を提示している。(鴻海に交渉の時間・人員を割かれているからといって)引き下がったわけではない。(談)

   (「週刊東洋経済」2016年2月20日号<15日発売>「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT