「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法 小林公夫著

「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法 小林公夫著

「できる子」にあって「できない子」にはない特性は何か。両者を分けるものは、能動的に働きかける能動性、やり始めたら成果が出るまで続ける継続性、何度失敗しても弱気にならない粘着性、それに有効・有益に行動するために頭をフル回転させる論理性、この四つの特性をどれだけ持つかである。

同時に、できる子の親には、「伸びない時期は放置し、伸びる時期に集中させる」「本気で一喝。長所を伝え、ほめて育てる」「出題周期表をつくり、戦略を立てる」といった行動が求められる。

「無為に時を過ごせば、限りある人生はさらに短いものになる」と考える受験指導のプロの、自らの子育て経験を加味した事例・ノウハウ集。

PHP新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。