ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

読者に「なぜ」と問わせる要素がミステリーであるとすれば、あらゆる文学にはミステリーが含まれている。そしてこのミステリーを高度に発展させたのが探偵小説だと大学で英文学を教える著者は指摘する。文学作品に探偵という存在を導入することによって、人間の悪の秘密を白日のもとに晒し、その罪を理路整然と暴くことが可能になる。つまり探偵小説とは、人間の弱点や人間性の暗部を探求するうえで、格好のジャンルというわけだ。

ディケンズ、コナン・ドイル、チェスタトン、アガサ・クリスティーなど、探偵小説の確固たる土台を築いた英国の古典的作家たちの代表作を取り上げ、作品の魅力や探偵小説の系譜を読み解く。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT