ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

読者に「なぜ」と問わせる要素がミステリーであるとすれば、あらゆる文学にはミステリーが含まれている。そしてこのミステリーを高度に発展させたのが探偵小説だと大学で英文学を教える著者は指摘する。文学作品に探偵という存在を導入することによって、人間の悪の秘密を白日のもとに晒し、その罪を理路整然と暴くことが可能になる。つまり探偵小説とは、人間の弱点や人間性の暗部を探求するうえで、格好のジャンルというわけだ。

ディケンズ、コナン・ドイル、チェスタトン、アガサ・クリスティーなど、探偵小説の確固たる土台を築いた英国の古典的作家たちの代表作を取り上げ、作品の魅力や探偵小説の系譜を読み解く。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。