ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

読者に「なぜ」と問わせる要素がミステリーであるとすれば、あらゆる文学にはミステリーが含まれている。そしてこのミステリーを高度に発展させたのが探偵小説だと大学で英文学を教える著者は指摘する。文学作品に探偵という存在を導入することによって、人間の悪の秘密を白日のもとに晒し、その罪を理路整然と暴くことが可能になる。つまり探偵小説とは、人間の弱点や人間性の暗部を探求するうえで、格好のジャンルというわけだ。

ディケンズ、コナン・ドイル、チェスタトン、アガサ・クリスティーなど、探偵小説の確固たる土台を築いた英国の古典的作家たちの代表作を取り上げ、作品の魅力や探偵小説の系譜を読み解く。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。