ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著

読者に「なぜ」と問わせる要素がミステリーであるとすれば、あらゆる文学にはミステリーが含まれている。そしてこのミステリーを高度に発展させたのが探偵小説だと大学で英文学を教える著者は指摘する。文学作品に探偵という存在を導入することによって、人間の悪の秘密を白日のもとに晒し、その罪を理路整然と暴くことが可能になる。つまり探偵小説とは、人間の弱点や人間性の暗部を探求するうえで、格好のジャンルというわけだ。

ディケンズ、コナン・ドイル、チェスタトン、アガサ・クリスティーなど、探偵小説の確固たる土台を築いた英国の古典的作家たちの代表作を取り上げ、作品の魅力や探偵小説の系譜を読み解く。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。