創造はシステムである 「失敗学」から「創造学」へ 中尾政之著

創造はシステムである 「失敗学」から「創造学」へ 中尾政之著

創造したいと誰でも思うが方法を知らない。「失敗学」も研究する機械工学専攻の大学教授が手法を公開した。

まず目的を設定する。次に手段を決める。問題を抽象化して、知的体系へ当てはめれば解が見える。例えば機械設計では挿入や分割など12パターンの解でたいていの問題は解決する。著者が「第3物質」と呼ぶ次元や発想を変えた別要素を考えたり、目的間の関係を可視化して相互の悪影響をなくしたりすることも有効だ。創造を生む集団は、権限が移譲される小組織と、情報と方針を統合する大組織の特徴の二つを持つ。

創造は「天才がやるとは限らない」。普遍的な頭の動きをシステム化して考える手順を決めれば、誰でも可能という。

角川ONEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT