財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 國貞克則著

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 國貞克則著

会計学初心者のビジネスマンでも、損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)から、会社の状況を簡単に読み解くノウハウが解説されている。

経営コンサルタントの著者は、財務諸表から必要かつ最低限の情報だけを抜き出した独自のフォーマットを使って、会社の状況を直感的に把握できる方法を開発した。ドリル編として実在する企業の財務比較分析をしながら、このフォーマットの具体的作成法を伝授する。

膨大な数字が書き込まれた財務諸表からポイントとなる数字だけを使って分析するこの方法は、初心者にも抵抗感なく読み進められる内容となっている。ベストセラー『財務3表一体理解法』の続編。

朝日新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT