国をつくるという仕事 西水美恵子著

国をつくるという仕事 西水美恵子著

専門は経済学で、経歴は銀行家。前世界銀行南アジア地域担当副総裁の著者の情熱は「リーダーシップ・メンター」にあるようだ。

キャリアに貫かれているのは大いなる情熱。世銀の「官僚的な組織文化をひっくり返して、貧民に仕える文化に変えたかった」。「途上国の草の根で出会ったリーダーすべてに共通する『正しいことを正しく行う』情熱」に学び、部下にも「職種は何でも、仕事が単なる仕事ではなく、情熱になるように」仕向ける。

真骨頂は管理職に就くとともに、途上国の貧村にホームステイをするように促したことに現れる。尻込みする部下には「ついて来い」と自ら率先する。「世界銀行の顧客は誰なのか。貧しさに喘ぐ人々。政界や財界の権力者ではない」。

2003年、著者は突然退職して世を驚かせた。「私が率いたタイプの改革は、リーダーのDNAに染まりがち。そうならないうちに辞めるべし」と。「第二の緒方貞子」と違う道を歩む。

英治出版 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。