国をつくるという仕事 西水美恵子著

国をつくるという仕事 西水美恵子著

専門は経済学で、経歴は銀行家。前世界銀行南アジア地域担当副総裁の著者の情熱は「リーダーシップ・メンター」にあるようだ。

キャリアに貫かれているのは大いなる情熱。世銀の「官僚的な組織文化をひっくり返して、貧民に仕える文化に変えたかった」。「途上国の草の根で出会ったリーダーすべてに共通する『正しいことを正しく行う』情熱」に学び、部下にも「職種は何でも、仕事が単なる仕事ではなく、情熱になるように」仕向ける。

真骨頂は管理職に就くとともに、途上国の貧村にホームステイをするように促したことに現れる。尻込みする部下には「ついて来い」と自ら率先する。「世界銀行の顧客は誰なのか。貧しさに喘ぐ人々。政界や財界の権力者ではない」。

2003年、著者は突然退職して世を驚かせた。「私が率いたタイプの改革は、リーダーのDNAに染まりがち。そうならないうちに辞めるべし」と。「第二の緒方貞子」と違う道を歩む。

英治出版 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。