難解な本を読む技術 高田明典著

難解な本を読む技術 高田明典著

フロイトの『無意識』、ウィトゲンシュタインの『青色本』等、難解な思想書に挑んでつまずいた経験はないだろうか。大学で現代思想を教える著者は「本を読む」とはただ文字を追うことではなく、書かれている内容を「わかる」こと、つまりそこに表現されている知識や思想を自分の内部に取り込む能動的な営みであるといい、読書は「技術である」と指摘する。

現代思想の名著を自らの血肉とするために欠かせない読書技術を「予備調査、選書、通読、詳細読み」の4段階に体系化。読むにあたって必要な準備や読書ノートの作り方、実際の記入例などを示し、特に難解とされる代表的な10冊を取り上げ、実践方法も具体的に紹介している。

光文社新書 861円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT