イギリス流「融通無碍(ゆうずうむげ)」のススメ 渡辺幸一著

イギリス流「融通無碍(ゆうずうむげ)」のススメ 渡辺幸一著

世界が未曾有の大不況に見舞われている現在、イギリスも例外ではない。1990年代以降の好況を牽引してきた金融界に、巨額の公的資金を投入せざるをえない事態に陥っている。製造業の弱いイギリスは経済の立て直しにも時間がかかるとみられ、日米よりも状況は厳しい。

しかしイギリス人は冷静を保ち、過度な悲壮感はない。それは国民性として「融通無碍」な発想と姿勢を持つからだと、シティで18年間働いた著者はいう。たとえばイギリス流儀では、職場でのつきあいは意外に義理堅いが会議での根回しは通用しないといった日本流儀との相違点をあげながら、閉塞感が漂う今こそイギリス文化の柔軟さと臨機応変さに学ぶべきと勧める。

講談社+α新書 880円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。