イギリス流「融通無碍(ゆうずうむげ)」のススメ 渡辺幸一著

イギリス流「融通無碍(ゆうずうむげ)」のススメ 渡辺幸一著

世界が未曾有の大不況に見舞われている現在、イギリスも例外ではない。1990年代以降の好況を牽引してきた金融界に、巨額の公的資金を投入せざるをえない事態に陥っている。製造業の弱いイギリスは経済の立て直しにも時間がかかるとみられ、日米よりも状況は厳しい。

しかしイギリス人は冷静を保ち、過度な悲壮感はない。それは国民性として「融通無碍」な発想と姿勢を持つからだと、シティで18年間働いた著者はいう。たとえばイギリス流儀では、職場でのつきあいは意外に義理堅いが会議での根回しは通用しないといった日本流儀との相違点をあげながら、閉塞感が漂う今こそイギリス文化の柔軟さと臨機応変さに学ぶべきと勧める。

講談社+α新書 880円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT