私が見た、「韓国歴史ドラマ」の舞台と今 蓮池薫著 ~語られる北朝鮮と韓国の歴史的、文化的背景の違い

私が見た、「韓国歴史ドラマ」の舞台と今 蓮池薫著 ~語られる北朝鮮と韓国の歴史的、文化的背景の違い

評者 映画監督 仲倉重郎

 著者は、1978年に北朝鮮に拉致され、彼の地で24年過ごし、2002年に帰国した。現在はその体験を生かして翻訳や大学講師として活動している。
 
 本書は、韓国で高視聴率を誇り日本でも大人気だった二つの歴史ドラマ、「太王四神記」と「朱蒙(チュモン)」を通して、北朝鮮と韓国の歴史的、文化的、精神的背景の違いを語ろうとする。その目は冷静で、北朝鮮の優れた案内書にもなっている。
 
 「太王四神記」は、4世紀の高句麗中興の祖第19代広開土王の物語であり、「朱蒙」は、紀元前38年に建国された高句麗の始祖東明聖王の物語である。ともに1時間の連続テレビドラマで、「太王四神記」は24回、「朱蒙」は81回という大作である。極彩色の衣装、紫宸殿を思わせる大宮殿、緑なす広野を舞台に、騎馬民族ならではのスケールの大きい歴史大活劇が展開する。
 
 北朝鮮では、高句麗は民族統一を成し遂げた最初の国、新羅は背信の国である。一方の韓国では、新羅は三国統一を成し遂げた国であり、韓国の正当性の根拠である。だが最近では、高句麗は民族的自負心を高めてくれたという北朝鮮的考え方が広まりつつあるという。韓国で高句麗ブームに火がついたのは中国のせいである。
 
 朱蒙は父の遺志を受け継いで「打倒漢」を掲げて戦うのだが、驚くほど「漢」への強い憎悪が描かれている。「漢」に対してこんなに怨念を抱いていたとは驚かされる。02年に中国が高句麗は中国の一部だったという公式見解を発表した影響が大きい。高句麗の遺跡は中国にもあり、所有権争いがきわめて政治的な問題になっている。
 
 その高句麗遺跡の見聞記がまた面白い。本書をガイドとして、もう一度二つのドラマを見直したらいかがか。楽しみが深まるに違いない。

はすいけ・かおる
翻訳家。新潟産業大学国際センター特任講師。新潟県出身。中央大学法学部在学中の1978年に拉致され、以降24年北朝鮮での生活を強いられる。2002年の帰国後、翻訳を多数手掛ける。

講談社 1500円 191ページ

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT