世界保健機関、「ジカ熱」で緊急事態宣言 

旅行・貿易の制限必要なし

 2月1日、世界保健機関(WHO)は、蚊が媒介する感染症「ジカ熱」について、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態にあたると宣言した。 写真はジカ熱への注意を呼びかけるマッチ箱の広告。リマで撮影(2016年 ロイター/Mariana Bazo)

[ジュネーブ/ロンドン 1日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は1日、蚊が媒介する感染症「ジカ熱」について、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態にあたると宣言した。

ジカ熱は中南米を中心に感染が拡大しており、妊婦が感染すると先天的に頭部が小さい「小頭症」の新生児が生まれる疑いがあることが指摘されている。

WHOのマーガレット・チャン事務局長は記者団に対し、国際的な協調体制が必要になると指摘。ただ、旅行や貿易の制限は必要ないと述べた。

WHOは前週、ジカ熱の感染は「爆発的に」拡大しており、米州だけで最大400万人が感染する恐れがあるとしていた。

米州保健機関(PAHO)によると、ジカ熱は米州ですでに24カ国・地域で感染が確認されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT