アルファベット、予想上回る増収増益に

グーグルのモバイル広告などが好調

 2月1日、米アルファベット(旧グーグル)が発表した第4・四半期決算は、17.8%の増収となった。ロンドンで1月撮影(2016年 ロイター/Neil Hall)

[1日 ロイター] - 米アルファベット(旧グーグル)<GOOGL.O>が1日発表した第4・四半期決算は、予想以上の増収となった。モバイル端末の広告収入や動画投稿サイト「ユーチューブ」事業が堅調だったことが追い風となった。

連結売上高は213億3000万ドルと、前年同期の181億ドルから17.8%増加した。

純利益は49億2000万ドル(クラスA・B・C株1株当たり7.06ドル)と、同46億8000万ドル(同6.79ドル)から増加した。

一時項目を除いたベースの1株当たり利益は8.67ドルだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益予想は8.10ドル。売上高は207億7000万ドルだった。

決算発表を受け、株価は時間外取引で大幅に上昇し、時価総額が米アップル<AAPL.O>を抜いて米企業として最大となった。

グーグルの広告収入は17%近く増加し、190億8000万ドルとなった。ペイドクリック数(広告クリック回数)は31%増加した。

今回の四半期決算で同社は初めて、自動運転車などのグーグル以外の「その他の賭け(Other Bets)」部門の業績を発表した。

JMPセキュリティーズのロナルド・ジョシー氏は「中核事業の収入が伸びてうまく行っている限り、その他事業への投資も継続できる」と指摘した。

血糖値測定コンタクトレンズの開発など「その他の賭け」部門の2015年営業損失は35億7000万ドルに増加。第4・四半期の同部門の営業損失は12億ドルだった。

同社のルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は、アナリスト向け電話会議で、モバイル検索の伸びや好調なユーチューブ事業などが利益を押し上げたと語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT