富士通が下方修正、田中改革の行方は?

構造改革は進んでいるのか?

田中社長は社内体制の構築を最優先に掲げている(撮影:尾形文繁)

昨年6月に就任したばかりの富士通・田中達也社長にとって、厳しい船出となりそうだ。

田中社長も急きょ、会見に駆けつけた

富士通は1月29日、2016年3月期第3四半期(4~12月期)決算を発表。売上収益は前年同期比1.3%増の3兆4082億円、営業利益は同97.5%減の16億円と大幅減益だった。

同時に、通期計画の下方修正も発表した。売上収益は従来予想比800億円減の4兆8000億円(前期比では1.0%増)、営業利益も同200億円減の1300億円(前期比27.2%減)、最終利益も同150億円減の850億円(前期比39.3%減)とした。

田中社長は決算会見に出席する予定ではなかったが、下方修正を説明するため、当日になって急きょ登壇。「コア事業は堅調だが、ネットワーク関連など一部に厳しさがある」(田中社長)。通期の営業利益率が2.7%と前期よりも1.1ポイント悪化するのは「限界利益率の高いネットワーク関連の不調による減収影響が大きい」(塚野英博CFO)という。

次ページ構造改革の中身は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT