富士通が下方修正、田中改革の行方は?

構造改革は進んでいるのか?

田中社長は社内体制の構築を最優先に掲げている(撮影:尾形文繁)

昨年6月に就任したばかりの富士通・田中達也社長にとって、厳しい船出となりそうだ。

田中社長も急きょ、会見に駆けつけた

富士通は1月29日、2016年3月期第3四半期(4~12月期)決算を発表。売上収益は前年同期比1.3%増の3兆4082億円、営業利益は同97.5%減の16億円と大幅減益だった。

同時に、通期計画の下方修正も発表した。売上収益は従来予想比800億円減の4兆8000億円(前期比では1.0%増)、営業利益も同200億円減の1300億円(前期比27.2%減)、最終利益も同150億円減の850億円(前期比39.3%減)とした。

田中社長は決算会見に出席する予定ではなかったが、下方修正を説明するため、当日になって急きょ登壇。「コア事業は堅調だが、ネットワーク関連など一部に厳しさがある」(田中社長)。通期の営業利益率が2.7%と前期よりも1.1ポイント悪化するのは「限界利益率の高いネットワーク関連の不調による減収影響が大きい」(塚野英博CFO)という。

次ページ構造改革の中身は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT