NECがトップ交代、託された重いバトン

就任6年の節目で遠藤社長は会長へ

グローバル展開をさらに進めることが新野新社長(写真右)の課題となる

「やり残した感はあるが、企業は継続していくことが最も重要だ。それをトップ自らが示したい」――。遠藤信博社長は終始、晴れやかな表情を見せていた。

暮れも押し迫る12月25日。NECがトップ人事を発表した。2016年4月1日に、新野隆(にいの・たかし)副社長兼CSO兼CIOが代表権を持ったまま社長兼CEOに就任する。遠藤社長は代表権を持ったまま会長に、もともと代表権のない矢野薫会長(前社長)は会長職を退任し、役職のない取締役になる。

わずか1歳の「若返り」に

遠藤現社長は1953年11月生まれの62歳で、東京工業大学大学院理工学研究科の博士課程を修了し、NEC入社は1981年4月。新野新社長は1954年9月生まれの61歳で、京都大学工学部を卒業し入社したのは1977年4月だ。矢野氏から遠藤氏へのバトンタッチでは10歳若返ったが、今回のトップ人事では、年齢的にはわずか1歳の若返り、社歴的には時計の針を4年戻すことになる。

新野副社長は「次期社長はもっと若い人だと思っていた」と話した。

25日に開かれた会見で、遠藤社長は「来春発表予定の中期経営計画の策定が1月にセカンドステージに入る。あと3カ月でまとめる際に、誰が実行するのかを示すことが絶対に必要だ。そこで12月が絶好のタイミングと判断した」と語った。

遠藤社長が新野副社長に「指名委員会に君を次期社長に推薦するよ」と伝えたのは「数カ月前」(新野副社長)。そのときは「もっと若い人かなと思っていたので、えーっと思った」という。また、数日前に遠藤社長から「指名委員会で君に決まったよ」と言われたときは、「重責に身の引き締まる思いをした」と語った。

次ページアメフト部卒とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。