「1泊200万円超」のホテルはこんなにもスゴい

これがリッツ東京の最高級スイートルームだ

ザ・リッツ・カールトン東京の最高級スイートは目もくらむほどの豪華絢爛さだ

扉を開け一歩中に入ると、六本木の街並みから関東平野、富士山までの眺望が眼下に開ける――。 

日本の伝統技法が使われたインテリア

。東京・六本木、248メートルと都内随一の高さを誇るミッドタウン・タワー53階にある、広さ300平方メートルの「ザ・リッツ・カールトン・スイート」。ケースバイケースで金額は上下するとされるものの、1泊200万円超ともうわさされる最高級スイートは、ザ・リッツ・カールトン東京247室の中で最も広い。

週刊東洋経済2月6日号(1日発売)の特集は「ホテル激烈 30年に一度の活況』です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

まず、足を踏み入れた先にあるリビングルームは100平方メートル近い。ソファとテーブルが置かれ、グレーを基調とした色味で統一された部屋は一見シンプルに見える。だが、目を凝らせば、インテリアの一つひとつに日本各地の繊細な伝統技法が使われており、贅を極めていることがわかる。

たとえばリビングルームのカーペットは、日本画家のデザインが取り入れられ、ソファや壁に掛かっているアートファブリックは、京都の着物作家である斉藤上太郎氏が手掛け西陣織の布地が使われている。デザインを構成している「雲」や「霞」は「東京一高い場所にあるスイート」を表現し、リビングでくつろぐ宿泊客が雲の上にいるような浮遊感を感じられるようにとの思いを込めた。

ベッドルームに移ると、ヘッドボード背面の壁に同じく着物作家がデザインしたアートファブリックが使われている。銀箔を貼った和紙を細かく裁断し300年以上続く西陣織の技法で折り込んだ壁紙は、微妙な陰影が壁に奥行きを出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT