「1泊200万円超」のホテルはこんなにもスゴい

これがリッツ東京の最高級スイートルームだ

ザ・リッツ・カールトン東京の最高級スイートは目もくらむほどの豪華絢爛さだ

扉を開け一歩中に入ると、六本木の街並みから関東平野、富士山までの眺望が眼下に開ける――。 

日本の伝統技法が使われたインテリア

。東京・六本木、248メートルと都内随一の高さを誇るミッドタウン・タワー53階にある、広さ300平方メートルの「ザ・リッツ・カールトン・スイート」。ケースバイケースで金額は上下するとされるものの、1泊200万円超ともうわさされる最高級スイートは、ザ・リッツ・カールトン東京247室の中で最も広い。

週刊東洋経済2月6日号(1日発売)の特集は「ホテル激烈 30年に一度の活況』です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

まず、足を踏み入れた先にあるリビングルームは100平方メートル近い。ソファとテーブルが置かれ、グレーを基調とした色味で統一された部屋は一見シンプルに見える。だが、目を凝らせば、インテリアの一つひとつに日本各地の繊細な伝統技法が使われており、贅を極めていることがわかる。

たとえばリビングルームのカーペットは、日本画家のデザインが取り入れられ、ソファや壁に掛かっているアートファブリックは、京都の着物作家である斉藤上太郎氏が手掛け西陣織の布地が使われている。デザインを構成している「雲」や「霞」は「東京一高い場所にあるスイート」を表現し、リビングでくつろぐ宿泊客が雲の上にいるような浮遊感を感じられるようにとの思いを込めた。

ベッドルームに移ると、ヘッドボード背面の壁に同じく着物作家がデザインしたアートファブリックが使われている。銀箔を貼った和紙を細かく裁断し300年以上続く西陣織の技法で折り込んだ壁紙は、微妙な陰影が壁に奥行きを出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT