マイナス金利でも「外部環境次第」は変わらず

物価上昇につながる経路は不透明

 1月29日、日銀は金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。都内で外為取引会社で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - 日銀は29日の金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。

ただ、黒田東彦総裁の説明からも、マイナス金利の導入が物価上昇につながる経路は不透明なままだ。物価2%の達成は、依然として外部環境の動向次第という構図になっている。

QQEの限界露呈

黒田総裁は、これまで一貫してマイナス金利の導入に否定的だった。それが一転して導入となった背景に何があったのか──。

1つには、「2年で2%」の掛け声が、4年目に入っても実現できていないことが影響している可能性がある。

目安とする消費者物価(除く生鮮食品)の前年比上昇率は、足元でゼロ%程度に低迷。想定外の原油価格の下落が主因とは言え、達成時期の安易な先延ばしを続ければ、日銀の本気度が再び疑われるとの声も、密かに日銀内でささやかれていた。

次ページ市場では限界説
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。