理系のための法律入門 井野邊陽著

理系のための法律入門 井野邊陽著

たとえば、パソコンはありとあらゆる知的財産権で構成されている。パーツに分けて権利と対応させてみると、(1)画像処理装置やデータ処理装置に関する発明(特許権)、(2)ディスプレイの形状、構造などの考案(実用新案権)、(3)キーボードのデザイン(意匠権)、(4)半導体チップのレイアウト(集積回路配置利用権)、(5)コンピュータプログラム、ディスプレイ上の画像(著作権)、(6)「SONY」などの表示(商標権、商号権、不正競争防止法上保護される利益)という具合だ。

知的財産、製造物責任、公益通報、表示規則、さらに契約と民事責任などに関し、研究・開発・設計業務において法律上注意すべき事項を中心に弁護士が紹介する。

ブルーバックス 1197円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT