実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

「人間は合理的に行動する」と、伝統的な経済・金融理論ではいう。ところが現実の経済は感情に左右され、人々はおかしな行動に走る。金融界での実務経験の長い研究者が、人間心理を考慮した経済分析手法である「行動ファイナンス理論」を紹介し、実際の投資に役立つ教訓を導き出す。

バブルを引き起こす心理や、非合理な行動に人を駆り立てる心のメカニズム、情報のゆがみなど、市場で頻発する現象を理論的に分析。脳の働きと経済行動の関係を分析する「神経経済学」という新しい学問も登場している。

経済学の伝統的な考えを全否定するのではなく、限界を認識して「新しい洞察を加えること」が、今の経済を分析するうえで必要と訴える。

アスキー新書 790円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。