実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

「人間は合理的に行動する」と、伝統的な経済・金融理論ではいう。ところが現実の経済は感情に左右され、人々はおかしな行動に走る。金融界での実務経験の長い研究者が、人間心理を考慮した経済分析手法である「行動ファイナンス理論」を紹介し、実際の投資に役立つ教訓を導き出す。

バブルを引き起こす心理や、非合理な行動に人を駆り立てる心のメカニズム、情報のゆがみなど、市場で頻発する現象を理論的に分析。脳の働きと経済行動の関係を分析する「神経経済学」という新しい学問も登場している。

経済学の伝統的な考えを全否定するのではなく、限界を認識して「新しい洞察を加えること」が、今の経済を分析するうえで必要と訴える。

アスキー新書 790円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT