実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

実戦!行動ファイナンス入門 真壁昭夫著

「人間は合理的に行動する」と、伝統的な経済・金融理論ではいう。ところが現実の経済は感情に左右され、人々はおかしな行動に走る。金融界での実務経験の長い研究者が、人間心理を考慮した経済分析手法である「行動ファイナンス理論」を紹介し、実際の投資に役立つ教訓を導き出す。

バブルを引き起こす心理や、非合理な行動に人を駆り立てる心のメカニズム、情報のゆがみなど、市場で頻発する現象を理論的に分析。脳の働きと経済行動の関係を分析する「神経経済学」という新しい学問も登場している。

経済学の伝統的な考えを全否定するのではなく、限界を認識して「新しい洞察を加えること」が、今の経済を分析するうえで必要と訴える。

アスキー新書 790円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。