カーボンフットプリントが始動、エコ志向の消費者に響くか


 カロリー表示を気にするように、カーボン表示をチェックする--。そんな時代が来るかもしれない。

4月から経済産業省が中心となって推進する「カーボンフットプリント制度」の試行が始まった。これは“炭素の足跡”として、商品のライフサイクル全般(原材料調達から製造、リサイクルまで)で排出される温室効果ガスを二酸化炭素(CO2)量で算出し、商品に表示する取り組み。CO2排出量の「見える化」といえる。消費者にとっては購買する際の目安となり、企業は商品の差別化が期待できる。

昨年末の環境展示会「エコプロダクツ」では30社が試作品を出展。1月以降、イオンやサッポロビール、丸井グループなど20社近くが試験販売した。「若い人ほど気づく割合が高い」(丸井)と、消費者の反応を見極めている段階だ。

ただ、排出量算出は容易でなく、同じ商品でも工場や調達先が異なれば排出量は違う。地域差や季節変動で違いもあり、対象商品や取扱期間を限定する企業が多い。さらに現状では、排出量データの集計へ前向きに取り組む企業も一部に限られている。

「まずは消費者の認知度を上げること。プライベートブランドで導入するなど流通業の取り組みがカギ」(日本総合研究所の三木優主任研究員)。本格普及に至るのは、当面先となりそうだ。

(野津 滋 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。