カーボンフットプリントが始動、エコ志向の消費者に響くか


 カロリー表示を気にするように、カーボン表示をチェックする--。そんな時代が来るかもしれない。

4月から経済産業省が中心となって推進する「カーボンフットプリント制度」の試行が始まった。これは“炭素の足跡”として、商品のライフサイクル全般(原材料調達から製造、リサイクルまで)で排出される温室効果ガスを二酸化炭素(CO2)量で算出し、商品に表示する取り組み。CO2排出量の「見える化」といえる。消費者にとっては購買する際の目安となり、企業は商品の差別化が期待できる。

昨年末の環境展示会「エコプロダクツ」では30社が試作品を出展。1月以降、イオンやサッポロビール、丸井グループなど20社近くが試験販売した。「若い人ほど気づく割合が高い」(丸井)と、消費者の反応を見極めている段階だ。

ただ、排出量算出は容易でなく、同じ商品でも工場や調達先が異なれば排出量は違う。地域差や季節変動で違いもあり、対象商品や取扱期間を限定する企業が多い。さらに現状では、排出量データの集計へ前向きに取り組む企業も一部に限られている。

「まずは消費者の認知度を上げること。プライベートブランドで導入するなど流通業の取り組みがカギ」(日本総合研究所の三木優主任研究員)。本格普及に至るのは、当面先となりそうだ。

(野津 滋 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。