精神障害者をどう裁くか 岩波明著

精神障害者をどう裁くか 岩波明著

事件の加害者が精神障害者であった場合、心身喪失や心神耗弱が認定され責任能力がないとして不起訴や無罪になることがある。被害者でなくとも疑問を抱く人は多いだろう。精神障害者の責任能力に関しては刑法39条で規定され、諸外国でも同じような制度が採り入れられているが、欧米が罪を犯した精神障害者の処遇について積極的に関与しているのに対し、日本では「人権」を盾に触法精神障害者の問題はタブー視されていると、精神科医であり大学で教鞭をとる著者は指摘する。

裁判員制度の開始が近づくなか、社会は刑法39条についてどう考え、重罪を犯した精神障害者や知的障害者をどう処遇し支えていくべきなのかを問いかける。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。