精神障害者をどう裁くか 岩波明著

精神障害者をどう裁くか 岩波明著

事件の加害者が精神障害者であった場合、心身喪失や心神耗弱が認定され責任能力がないとして不起訴や無罪になることがある。被害者でなくとも疑問を抱く人は多いだろう。精神障害者の責任能力に関しては刑法39条で規定され、諸外国でも同じような制度が採り入れられているが、欧米が罪を犯した精神障害者の処遇について積極的に関与しているのに対し、日本では「人権」を盾に触法精神障害者の問題はタブー視されていると、精神科医であり大学で教鞭をとる著者は指摘する。

裁判員制度の開始が近づくなか、社会は刑法39条についてどう考え、重罪を犯した精神障害者や知的障害者をどう処遇し支えていくべきなのかを問いかける。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。